※当カテゴリ、速攻就活内定法ではエクセルシートを元に解説していますので、事前に必ずダウンロードするようにしてください。(⇒エクセルシートをダウンロードする

就活で内定がもらえる人の特徴や内定の条件とは?!でお伝えした内定の条件は下記のとおりです。

  • 基礎能力がある
  • 企業で必要とされる能力がある
  • モチベーションがある

※下記のイメージのです

この3つを、企業に伝えるために今まで、企業のニーズを把握したりしてきたわけです。

あとは、上記を面接やエントリーシートでぶつけるだけです。

この記事では、その面接やエントリーシートで、どうアピールすればいいのかを、解説しています。

面接に焦点を置いて、ときおりエントリーシートも絡めてという感じで、解説していきますのでよろしくお願いします。

何で分けないの?と思われるかもしれませんが、面接さえ理解しておけば、エントリーシートで書くべきことも、理解できるからです。

Unistyleに登録して内定者ESを手に入れよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、就活で内定をゲットするための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、登録必須のサービスですよ!

Unistyleに無料登録する

面接の鉄則

一緒に働きたいと思ってもらうこと

企業研究シートで調べてきたものを、面接でぶつけるわけですが、はっきり言って面接は、100人100通りなので絶対法則というのはありません

面接は、とにかく場数を踏んで慣れることです。これが、鉄則です。

どんなにあなたが優秀だとしても、面接で話ができなければ、そこでアウトです。

そのため、とにかく練習してください。おそらく、最初は失敗するでしょう。ですが、やったことがないことは失敗するのは当然です。

筋トレでも、最初から重いものを持ち上げるなんて不可能です。訓練するごとに、重いものを持ち上げられるようになるんです。

それと一緒です。 ただ、面接で意識することももちろんあります。

それは、一緒に働きたいと思ってもらうことです。

企業は、採用基準を明確にしてはいますが、それでも、最後は好き嫌いで採用の可否を判断しています。

これは、私の会社の人事部長も言ってましたし、多くの、面接官も認めている事実です。

ですので、あなたが面接でやるべきことは、あなたに興味さえ抱いていない面接官に、面接後に一緒に働きたいと思ってもらうことです。

上記のイメージですね。

そのために大切なのは、まず面接官に嫌われない努力をすることです。身だしなみを整える、不機嫌そうな顔をしないのは当然です。

ここは、当たり前過ぎますので、深くは説明しないです。その当たり前のことができてはじめて、面接のスタートラインに立ったと思ってくださいね。

面接官の聞かない・信じないの壁を突破する

そして、後ほど解説しますが、面接では面接官の、

  • 聞かない
  • 信じない

この2つの壁を突破することが大事です。

面接官は、初めからあなたの話を聞きたいとは思ってないと考えてください。話の内容も、信じていないと思ってください。

そりゃ、そうですよね?

初対面で、わずか数十分のやりとりなので、当然と言えば当然です。

でも、初対面でも、この壁を崩すことができれば、一気に面接官は、あなたに対して好印象を抱くようになります。

あなたは、同じことを、知らない人と友達が言うのでは、どちらを信用しますか?

当然、後者ですよね?

それは、すでに親近感、信用できる心理があなたに働いているからなんです。

つまり、面接では、どんなに凄いアピールをしたとしても、最初はあなたのことを信用してないから、何を言っても理解してもらえないんです。

いいでしょうか?

論理的に、「貢献できる!、モチベーションが高いです!」と話せても、面接官の心には響かないわけです

一緒に働きたいと思ってもらえないわけです。

ですから、面接では、この信用しない壁というのを突破する必要があります。この壁をクリアして、初めてアピールが活きてくるんです。

イメージできましたでしょうか?

ではどうやってその壁を突破したらいいのか?ですが、答えは自己分析のやり方は「コア」がベース!でお伝えした「コア」です。

ド定番質問の自己PRと志望動機の構成

面接で必ず質問される、自己PRや志望動機では何を話せばいいか分からないと思います。

基本的には、

  • 自己PR:貢献できることを伝える
  • 志望動機:モチベーションが高いことを伝える

これで、いいですね。全体の構成としては、

志望動機の構成

  1. 私は、◯◯という夢・目標(今後のコア)がある。
  2. それは、◯◯な特徴がある御社でないと実現できない
  3. 故に御社に入りたいんです。

自己PRの構成

  1. もちろん、御社にもメリットがあります。
  2. 私には、御社の仕事で必要な、Aという能力を備えていますよ。
  3. だから、将来、貢献もしっかりさせてもらうので、安心してくださいね。

こういう感じです。

なので、自己PRで貢献できることをアピールできていれば、志望動機では、御社でなきゃダメなんです!ということを伝えるだけで、いいということですね。

まとめ

面接の基本的なことをお伝えしましたが、とにかく場数を踏むことが大切で。緊張して喋れなければそれだけでアウトですからね。

そして、喋れても一緒に働きたいと思ってもらえなければアウトです。

どんなに優秀でも「学生のくせに生意気」と面接官に思われればそれで終了です。

そのため、面接では等身大かつ学生らしさを忘れてはダメですよ。

次回は、自己PRについて詳しくみていきます。

自己PRの書き方はPDCAサイクルがキーポイント!【例文つき】

Unistyleに登録して内定者ESを手に入れよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、就活で内定をゲットするための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、登録必須のサービスですよ!

Unistyleに無料登録する