就活口コミサイトは2015年頃から増えてきました。それ以前は転職者しか情報を閲覧できませんでしたが、現在は学生でも登録ができる仕組みになっています。

口コミサイトを使う目的は、自分がイメージしている通りの会社かどうかを確認することが1つ。それと、志望動機などに使えるネタがないかをチェックするためです。

口コミサイトは、その企業に在籍したことのある社員が投稿している内容なので、参考にできる部分が多いです。

悪い口コミを書かれている企業が削除要請する内容もあるぐらいなので、60~70%は本当なんだなという認識のもと参考にすればOKです。

ちなみに、私が新卒で入社した会社については、90%以上はその通りという内容でした、

Unistyleに登録して内定者ESを手に入れよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、就活で内定をゲットするための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、登録必須のサービスですよ!

Unistyleに無料登録する

3大就活口コミサイトに登録すべし

就活口コミサイトと言えば、この3サイトなので、3サイトとも登録するようにしましょう。

無料で利用できますが、別途連携している就活サイトに登録が必要だったりするので、捨てメールアドレスで登録すればOKです。

3サイトの中で就活会議のみ、企業の口コミだけでなく、選考情報や先輩たちの通過エントリシート実例が閲覧できます。

vorkersの企業分析は要チェック!

3サイトとも、口コミのカテゴリが微妙に異なっています。

【vorkers】

【キャリコネ】

【就活会議】

個人的に3サイトの中で、最も企業研究に使えるのはvorkersだと思います。

理由は、「企業分析」の項目があるからです。

もちろん、年収・給与や働きやすさ、仕事内容をチェックするのは言うまでもないですが、社員が考える企業の強み・弱みの部分は志望動機に使える可能性が高く、非常に有益な情報です。

就活人気企業であれば、この項目だけで100件以上超えている企業もあるので、必ず全て目を通すようにして下さい。

まとめ

vorkersに掲載がない企業も、就活会議には掲載されていたりするので、必ず3サイトとも登録するようにしてください。

それと、是非知っておいて頂きたいのですが、企業もビジネスなので優秀な就活生に入社して欲しいわけです。そうなれば、悪い情報を隠すというのも当然考えられます。

特にブラック企業などは、嘘っぱちの情報を掲載して就活生を集めようとします。そんな企業に騙されて入社してしまえば、人生が大きく狂ってしまいます。

なので、社会人だから嘘はつかないだろうではなく、疑いの目を持って企業を分析することも非常に大切です。

それを防ぐという意味でも、このような口コミサイトは必ず参考になりますよ。

Unistyleに登録して内定者ESを手に入れよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、就活で内定をゲットするための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、登録必須のサービスですよ!

Unistyleに無料登録する